高画質な医療用の人体図・CG画像素材がダウンロード出来る! 人体図イラストダウンロードセンター

様々な部位のイラストをすぐにダウンロード出来る「人体図イラストダウンロードセンター」

世界最大規模の数量と正確で美しくしい人体イラスト

みんなに使っていただきたいのでどんどん人体解剖図をUPしてまいります





内臓 ダウンロード 胃 食道 肝臓 膵臓 脾臓 胆嚢 小腸 大腸 十二指腸 胃の粘膜,断面 大腸の粘膜,断面

内臓,循環器,骨,筋肉,Body,細胞,菌などの3D CG人体図を
必要な時に必要な人体画像を簡単にダウンロード出来ます。

当店の人体図は長年出版物と学会,医療業界のCGを制作している
クオリティーの高いものです。

成長するサイトです。これからまだまだ各人体図部位の画像が増えます!

3D CG イラスト人体図 画像分類表
弊社人体図CGイラスト制作出版物一覧

  画面をクリックするとAmazonで詳細を見られます

画像書籍名内容紹介提供画像
図解入門首・肩関節の動きとしくみ
秀和システム 2014年
「動き」と「痛み」のメカニズムを図解で学ぶ! 全ページ総145点の医療素材イラスト
図解入門膝関節の動きとしくみ
秀和システム 2014年
「動き」と「痛み」のメカニズムを図解で学ぶ 22点の医療素材イラスト
リンパケア革命
主婦の友社 2014年
耳たぶ回しで顔も身体も生まれ変わる30点の医療素材イラスト
内臓のしくみとはたらき
日本文芸社 2013年
3Dのリアル精密画像で人体の不思議と病巣を解剖する。 全ページ総175点の医療素材イラスト
触診術の基本
マイナビ 2013年
写真+イラスト」の合成カラー図解で走行と形状がひと目で全ページ総298点の医療素材イラスト
骨と関節カラー完全図解
日本文芸社 2012年
骨と関節のしくみを精密な3D画像でわかりやすく解析 全ページ総301点の医療素材イラスト
筋肉のしくみカラー完全図解
日本文芸社 2012年
精密な3D画像でわかりやすく解析 全ページの総470点の医療素材イラスト
カラー図解 骨のしくみ・はたらき事典
西東社 2011年
細かくわかりやすくオールカラー 171点の医療素材イラスト
カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典
西東社 2009年
骨格筋の筋肉名と起始・停止で筋肉と骨の部分がよくわかる 1,2,8章118点の医療素材イラスト
カラー図解 内臓のしくみ・はたらき事典
西東社 2011年
解剖学の知識を比較的細かなところまで解りやすく解説 50点の医療素材イラスト
カラー図解 人体解剖の基本がわかる事典
西東社 2012年
オールカラー&きれいなイラストでわかりやすい32点の医療素材イラスト
画像書籍名内容紹介提供画像
カラー図解 脳・神経のしくみ事典
西東社 2012年
カラー図解で脳・神経の仕組みを学13点の医療素材イラスト
腰痛・肩こりはストレックスで治る
日本文芸社 2011年
ストレッチとトレーニングにツボ押しを組み合わせた統合整体30点モデルと合成の医療素材イラスト
マミーズ リンパマッサージ
高橋書店 2012年
各パーツのリンパマッサージ効果を引き上げる融合マッサージ法 40点をモデルと合成の医療素材イラスト
テーピングバイブル (カラダをつくる本)
高橋書店 2012年
テープの通り道が透過イラストでわかる74点をモデルと合成の医療素材イラスト
失敗しない切開・剥離・縫合(DVD)クインテッセンス出版 2013年インプラント外科手術をCG DVDで学ぶ DVDにCGアニメ3
カラー版 解剖ワークBOOK
西東社 2013年
イラストに色を塗ったりしながら人体の構造を覚えていく 20点の医療素材イラスト
ストレッチの基本
主婦の友社 2014年
伸ばすのは進化!正しいストレッチの仕方を展開した一冊54点の医療素材イラスト
美体幹ウォーキングメソッド
主婦の友社 2014年
体幹トレーニングの第一人者、木場克己が教える、ウォーキング10点の医療素材イラスト
ストレッチ革命 DVDつき
主婦の友社 2014年
EXILEのフィジカルトレーナー吉田輝幸がレクチャーTopページの6点の医療素材イラスト
おうちヨガプログラム (マタニティ)
秀和システム 2014年
胎児の透過イラスト入り。おなかの赤ちゃんを感じながら32点の胎児のCGの医療素材イラスト
寝てるだけ! 伸ばしてやせるストレッチ枕 主婦の友社 2014年「くびれ」の教祖兼子ただし枕が本誌に付属 11点をモデルと合成の医療素材イラスト
医学医療用の人体CG制作現場

医学医療用の人体CG制作現場

弊社は以前2DのFlashを主体とした営業活動を行っておりました。
中に3D CGを使って光ったり、中身の構造が一目でわかる画像やイラストを作りリーフレット等に制作してお客にお渡しするのが喜びでした。

そんな時ある大手の医療機器メーカーからFlashのアニメーションの依頼を受けました。

それが現在の3D CGのアニメーション創作へとつながって参りました。
それには大変不思議なきっかけがありました。

わたくし(社長 佐藤)は41才のとき膵臓癌になり膵頭部切除という手術を受けました。この手術は消化器の手術で最も難しいものださそうです。そして後どの位生存できるのか分からない体になりましたが 、幼いころから可愛がってくれた叔母が献身的に面倒を見てくれまして、その甲斐あってすっかり健常な身体になりました。

しかしその叔母が69歳で病気で亡くなりました。叔母は医師でした。亡くなってちょうど1年後に医療の仕事が一本の電話と供に入ってきました。

私にはこれは単に偶然と思えないのです。CGで人体を制作していると人の身体ですからあだやおろそかに出来ない大切な天からの授かり物に携わらせて頂いていると強く感じます。

コンピュータはバーチャルの世界ですが本物に迫る正しい形、位置、外観のものを世に出さなければ自分はこの仕事をしてはいけないと思うこともあります。

最近3Dスキャナーも入手し易くなってきましたが後のちの使い勝手や見やすさの点で時間は掛かるかもしれなませんが自分の目と五感とマウスでCGの人体を作る手法が良いと思っています。

これかからも。職人魂で日本人の繊細な心を大切にして人体画像やアニメーションそしてイラスト素材の制作活動を続けさせていただきたく思います。

最後に少し宣伝になり恐縮ですがiPadやAndroidで人体を360°自由にシュミレーションする医療用アプリをCGとソフトの両方共自社で一貫制作しております。
CGとソフトの両面効果で使いやすくまた大変リーズナブルと思いますのでお問い合わせくださいませ。
真心で制作させて頂きたいと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。